2016年06月14日

長崎

梅雨の晴れ間とはこのことですか。1日中良い天気に恵まれました。

2016_0614_082132.JPG
ドンク浜のマリア様とともに初めましてな「椿」。

2016_0614_090639.JPG
なんとまあ「MARINER OF THESEAS」の入港日と重なりました♪

2016_0614_101219.JPG
どこで見てもえびすさんは良い笑顔♪

2016_0614_110006.JPG
「ははじま丸」、本日引渡しとなりましたー。
九州西岸を南下して東京へ向かうようです。お気をつけて♪
タグ:長崎 県外
posted by もりえだ at 22:58| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年06月07日

津久見港・佐賀関港

最終日の今日も朝起きたら雨!・・・こんなに天気に恵まれないのは初めてだぁ(>_<)

2016_0607_070218.JPG
今日の朝イチは津久見港に着けていた津久見市の大分海運さんち(共有)の「新豊後丸」(310t)。
このサイズの船たちが全国津々浦々の小さな港までセメントを届けているのですねー。

2016_0607_070345.JPG
保戸島航路のやま丸さんとこの第一便「ニューやま2号」が到着です。

2016_0607_070749.JPG
北九州市の大和商会さんとこの「新松輝丸」(483t)が砕石を積み込むためのシップローダーがある日鉄鉱業さんのバースへと接近中。

2016_0607_074704_03.JPG
予定を変更して今日も佐賀関へ。途中、津久見高校の実習船「新大分丸」が下ノ江沖あたりに沖アンカーしているのを発見。

2016_0607_080118.JPG
08:00発の便に間に合いました。「ニュー豊予3」です。
ここの航路はバウバイザーを閉じながら離岸・回頭して出港していきます。

2016_0607_083112.JPG
三崎港始発の「ニュー豊予2」が霧雨の中姿を現しました。
ここまで視界がよくないと反対にあきらめもつくってもんです(笑)

2016_0607_090209.JPG
折り返しで出港していきます。昨日もこちらの堤防から撮影しとけばよかった・・・。

2016_0607_090729_01.JPG
雨の中「BEATRICE」は積荷を降ろし方。クレーンがパワーショベルをぶら下げてハッチの中へ。
ホイールローダーではないのね。

2016_0607_091335.JPG
佐伯市の新納汽船さんちの「大進丸」(237t)はシップローダーで何やら積み込み中。

2016_0607_093658.JPG
あれこれ眺めているうちに「シャトル豊予」が入港。1時間毎のダイヤなので次の便があっという間に到着します。

2016_0607_094409.JPG
今治市の山中商船さんとこの「海悠21」(749t)が出港。硫酸を運んできたのかな。

2016_0607_101747.JPG
上天草市の中松海運さん(共有)とこの「大隆邦」(499t)の姿が。枕崎から珪酸鉱を運んできたのでしょうか。青いクレーンにバケットをつけて荷降ろしをしていましたが、時間がかかりそう。こういう時はガット船が早そうですね。

2016_0607_102815_01.JPG
大分県農林水産研究指導センターの「豊洋」(75t)が走ってきて港へ入ってくるのかと思ったら堤防の沖合いで5分ほど何やらごそごそやってそのまま再び沖合いへ。水温の調査か何か?

2016_0607_103739.JPG
「ニュー豊予3」が入港です。
入港のときはいったん岸壁に着岸してバウバイザーを開けてからロープシフトで前進しながら可動橋との距離を微調整、右舷側のヘッドラインをとってからランプドアを開けるといった手順。

2016_0607_113411_02.JPG
何とか小降りになってくれた雨の中「ニュー豊予2」が入港。
入港するのも残りあと3回です。

2016_0607_113810_01.JPG
佐賀関12:00発の便は設定されておらず本船の次の出港は15:00なので端っこのバースに着岸です。

2016_0607_115746.JPG
乗客と車両を下ろし終えたら陸電に切り替えてしばらくの間休憩です。
三崎22:30発の便で23年間走り続けた航路から引退となります。長い間お疲れ様でした。

2016_0607_124907_02.JPG
雲が低かったので予想はしてましたが、別府IC辺りから徐々に霧が濃くなりはじめ、ひどいところでは視界が20〜30mくらいだったのではないでょうか。さすがにビビッて速度を落とし、前方の車と付かず離れずの距離を保って走行。見えないって言うのはやはり怖いものです。

2016_0607_125759.JPG
日出JCTを過ぎると霧も晴れて視界は良好!
4月の地震の復旧工事のため日出JCT〜湯布院IC間は片側一車線の対面通行になっています。

2016_0607_140739.JPG
自衛隊のトラックが何台も連なって走っているのは珍しいことではありませんが、トラックの後ろに何やらプレートが。近づいてみてみると仮免許練習中の文字。高速教習だったのかな。思わず笑ってしまいました。

2016_0607_145218.JPG
南下するにしたがってさっきまでの雨は何だったんだ、と思いたくなるくらい良い天気に。それに伴い気温と湿度も上がり過ごしにくくなってしまいました。

2016_0607_145657_02.JPG
九州道でも復旧工事が行われており、益城熊本空港IC〜嘉島JCT間が片側一車線の対面通行となっています。

2016_0607_145717_01.JPG
そこの区間で重量物積載オーバー監視中とかいう看板があり↑のような怪しげなマイクロバスが止まっていたんですが、こんなんで積載オーバーかどうかを見分けられるんですかね。

2016_0607_145932_01.JPG
道路が波打っているのが判りますかね〜?
震度7に2回も見舞われたためか、かなりの箇所でこのような状態になっています。
全て元通りにするとなると結構な時間がかかってしまいそうです。

2016_0607_155141_01.JPG
日差しが強く、白い雲がぷかぷか。
夏のような表情の空でした。

2016_0607_163654.JPG
ゴール間近でキャリアカーが目の前に現れ、アルトとにらめっこしながらの走行(笑)
これが逆走車だったら大変なことになっちゃいますねぇ・・・。出会いたくないものです。

雨にたたられましたが、今回も無事に帰りついたことに感謝です。
posted by もりえだ at 22:12| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年06月06日

新門司港・伊美港・臼杵港・佐賀関港・津久見港

新門司で撮影後大分まで。東九州道が全線開通したおかげで所要時間が短縮されました。ありがたいことです。

2016_0606_045717_01.JPG
おはようございます。雲が厚いのかまだ薄暗いです。雨、降らないでくれよう。
「フェリーきょうとII」と「おーしゃんのーす」がすでに見えています。

2016_0606_051148_01.JPG
5時10分過ぎに「フェリーきょうとII」が入港。

2016_0606_051449.JPG
むこうの山がだんだんと煙ってきました。傘もって来てないのにぃぃ。

2016_0606_051847_02.JPG
続いては「おーしゃんのーす」。今回の目的は本船だったのです。
何とか雨が降っていない&降り出す前に撮影できてよかったー!

2016_0606_053824.JPG
「おーしゃんのーす」が入港してしばらくしたら霧雨が降り出しまして、しかも結構濡れる様な感じ。
レーダーを見ると20〜30分は降り続きそう。でも、「ひびき」が入ってくるからラフェちまで傘を取りに行くわけにもいかず・・・。

2016_0606_062446.JPG
6時半前に津久見市の宮崎産業海運さんとこの「豊昇丸」(12,692t)が入港。
この頃になってやっと雨が上がってくれました。結局3日間とも雨に降られちゃったなぁ。

2016_0606_064325.JPG
↑のすぐ後には新居浜市の井下海運さんちの「盛開丸」(499t)が入港。
名門大洋フェリーのバース横にある岸壁へと向かっていきました。

2016_0606_070721.JPG
7時過ぎにはバースを開けるために「フェリーきょうとII」が出港。
しかし、ブリッジの下部分になにもないっていうのには相変わらず慣れません・・・。

2016_0606_080655.JPG
ちょいと時間が空くので「おーしゃんのーす」の周りをうろうろ。
荷役が終わっているのでこんな角度から撮影してみたりできます。

2016_0606_080729_01.JPG
今朝の便で運ばれてきたであろう無人車も止められていまして、何やら大きな荷物を載せたシャーシ、まだボディを載せてないUDトラックスの新車、京王バス、そして画像の船橋新京成バスの中古などがいました。バスはまた九州のどこかの街で再活躍するのでしょうね。

2016_0606_081128_01.JPG
そんなものを撮影していたらあっという間に時間が過ぎていて「つくし」がすぐそこに。
慌てて「おーしゃんのーす」の船尾側の岸壁へ移動して撮影。初めてでしたが結構良い感じで撮影できますね。

2016_0606_081409_02.JPG
ここへ来たのは「フェリーきたきゅうしゅうII」を撮影するためでもあったのです。
右舷船尾側から撮影したかったんです。

2016_0606_085715.JPG
新門司ICから九州道へ、北九州JCTから東九州道で宇佐ICまで約1時間。
東九州道の周りは田んぼが広がるのどかな風景。
根性あるみかん農園のおじさんとこは事前にチェックしておらず・・・。

2016_0606_104517.JPG
宇佐ICから伊美港まで約1時間、新門司港から約2時間で到着。
祈りが通じたのか目的の「第二姫島丸」が午前中の便を担っておりました♪
昨年4月に就航した本船、窓の配置など変更点もおりますが見た目は「第一姫島丸」とほぼ同型です。

2016_0606_120431_02.JPG
豊後高田市と杵築市を通って速見ICまで。相変わらずウチのおナビさまのルートチョイスはマニアックなのかなんなのか。地元のヒトしか通らないであろう道路を平気で通らせるもんなぁ。
大分のキャッチコピーで「豊の国大分」ってのがありましたが、それを実感するように田んぼが広がる風景ばかり。昔から豊国と言われているだけありますね。

2016_0606_120247_01.JPG
豊の国ともに祈りの国でもあるのではないかと。↑のような古い石造りの神様や石塔などをいたるところで目にしますし、臼杵の磨崖仏、国東半島に数多く存在するお寺など古の人たちの信仰心を感じられ場所が多数あります。

2016_0606_122014.JPG
速見ICから日出JCTを通り臼杵まで。別府IC前後は標高が高いため高速からも良い眺め。
さらに温泉の蒸気と硫黄の匂いが温泉地という雰囲気を感じさせます。

2016_0606_133343_01.JPG
2年ぶりにやって来た臼杵港。
臼杵造船所さんとこでは国道九四フェリーさんちの新造船「遊なぎ」を建造中で、竣工・引渡を目前に控えて作業も最終段階の様子。

2016_0606_134716.JPG
お隣では「Stlot Hagi」というジョージタウン船籍のタンカーを建造中。調べてみると日本郵船とノルウェーのストルトタンカーズとの合弁会社NYKストルトシップホールディングス社が2隻発注したケミカル船だそうで7月と9月に竣工予定となっています。

2016_0606_134808_01.JPG
沖合いには航海訓練所の「大成丸」がアンカーしてましたが、14時頃出港していきました。

2016_0606_140249.JPG
こちらでの目的は宇和島運輸フェリーさんとこの「さくら」。大分と共に何回か訪れていますが、本船だけは撮影する機会に恵まれずにいたのです。

2016_0606_152625_01.JPG
国道217号で佐賀関まで約30分、パンパシフィック・カッパーさんちの大煙突と工場が見えてきたら佐賀関に着いたー、って感じます。

2016_0606_153926.JPG
まず入港してきたのは「ニュー豊予3」。黄色のラインが船としては珍しいですね。

2016_0606_163635_01.JPG
明日で引退となる「ニュー豊予2」が入港。本船も目的の1隻なのでした。

2016_0606_170902.JPG
沖アンカーしていたマーシャル船籍の「BEATRICE」(31,229t)がタグ3隻に付き添われて入港です。
タグは右から名古屋市のグリーン海事さんとこの「いせしお」(204t)、北九州市の西日本海運さんとこの「周豊丸」(199t)、神戸市の内海曳船さんとこの「日田丸」(224t)であります。

2016_0606_174028.JPG
本日最後は「シャトル豊予」。佐伯市の共栄船渠で竣工前の姿を見て以来。

2016_0606_185432.JPG
国道217号を後戻りして本日の宿泊地である津久見まで。
砕石の街津久見、を象徴するような石灰石鉱山。
山の切り売りですね(笑)

2016_0606_185916_01.JPG
ちょっと道を外れて県道217号へ。太平洋セメントの工場に挟まれているため、眺めはまさに工場内の道路という雰囲気。大煙突も間近に見られるんです。

2016_0606_204643.JPG
本日のお宿、AZホテル津久見店は津久見港のすぐ横、晩ご飯を食べてから港辺りをふらっと。
24時間眠ることなく働き続ける工場群を背景に、砕石を積み終えたガット船が出港していくところでした。
タグ:福岡 大分 県外
posted by もりえだ at 21:14| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年06月05日

新門司港・門司港

朝になっても雨は止まず・・・、カッパを着ての撮影でした(笑)

2016_0605_053852_01.JPG
今日の朝イチは「いづみ」。
舳先の造りがあんまり・・・。

2016_0605_060705.JPG
続いて「おーしゃんさうす」。日曜日なので06:30の入港。
いつもこれくらいだったら撮影しやすいのになぁ。

2016_0605_075006_01.JPG
静岡市の福寿企業さんとこの「豊洋丸」(4,993t)が入港。
船首の造りが独特な本船、記憶に残ります。

2016_0605_080433_01.JPG
ちょいと間が空いて8時過ぎ、「やまと」が入港。
本船を初めて見たときもずんぐり舳先だと思いましたが、「いづみ・ひびき」は更にその感を強く感じてしまいます。

2016_0605_081328_01.JPG
しとしとと霧雨のような雨は止みませんが、船は入ってくるわけで。
「フェリーふくおかII」が入港。

2016_0605_081519.JPG
風が少し吹いていたからか、シーゲートコーポレーションさんとこの「碧鳳丸」(198t)がやって来ておりました。

2016_0605_091758.jpg
続いて門司港へとやってきまして、海峡ドラマシップ横の駐車場にラフェちを止め海峡を行き交う船たちを撮影しようとしますが、霧雨のせいでご覧のような視界。
マーシャル船籍の「KYOWA ORCHID(S?)」(9,924t)。

2016_0605_102252_01.jpg
時間が経つにつれて雨も上がり気味になってきてくれました。
関門橋の向こう側に見えている山の斜面から次々に雲ができているさまがおもしろかったです。

2016_0605_105556.jpg
いろいろと撮影していると舞鶴海上保安部の「みうら(PL22)」が走ってきました。
海上保安学校の練習船としての任務も担っている本船、ブリッジ上のコンパスデッキでは海峡通過の見学?、オモテではアンカーの扱い方の練習をしておりました。

2016_0605_105832.jpg
ここへやって来たのはちょうど今日がドックアウトの「フェリーおおさかII」を撮影するため。
11時前、タグが3隻待機して引き出しの準備をしてます。

2016_0605_113646_01.JPG
津久見市の津久見海運さんとこの「第三十八かねと丸」(435t)、かねと丸と言えばガット船のイメージでしたが、カーゴもいたのですねー。この後ガット船の「第五十八かねと丸」(499t)も走ってきました。

2016_0605_114445_01.JPG
12時までには出渠するだろうからその後片上海岸へ移動して「UTOPIA IV」を撮影しよう、という完璧な計画だったのに、出渠はしないは「UTOPIA IV」は12時前に出港してしまうはで計画崩壊(笑)

2016_0605_115425.JPG
「UTOPIA IV」の離岸とほぼ時を同じくして引き出し、回頭が終了。
ゆっくりと出てきつつ「UTOPIA IV」の通過を待って航路へと入り周防灘方面へ。

2016_0605_120303.JPG
パナマ船籍の「FORTUNE TRADE 1」(9,962t)のデッキにはトラックが多数。
韓国向けでしたが、国内で使うのかそれともブローカーの転売用なのか。

2016_0605_122608_01.JPG
片上海岸で撮影していると特徴的なシルエットの船が!!
井本商運さんちの「なとり」(7,390t)、球状の船首形状が目を引きます。
こういう造りの船がこれから先出てくるのかな。

2016_0605_125529.JPG
あら、芙蓉海運さんとこの「第八芙蓉丸」も走ってきました。
オンデッキしているコンテナには大栄環境グループの文字と海コン便のマークが。
八代向けでしたので震災で発生した瓦礫を海上輸送するためのものですかね。

2016_0605_161114.JPG
16時過ぎまで撮影して新門司へと。
最後の船は北九州市の鶴丸海運さんとこの「天拝山丸」(7,664t)。

2016_0605_164036.JPG
とりあえず、恒見漁港へと。
この港の一角に係船されている2隻の警戒船、手前の「HAKUYOU II」はどこかの県警の警備艇?、奥の「第二つねみ」は尾道海技学院の教習艇「海鷲」ではないかな?と。

2016_0605_164125_01.JPG
干満の差が大きいんでしょうね、鹿児島はせいぜい4〜5段くらいですがこちらの港は10段もありました(笑)

2016_0605_164207_01.JPG
「フェリーおおさかII」と「フェリーふくおかII」の2隻。

2016_0605_170720.JPG
そして、いつの場所へ行きまずは「フェリーふくおかII」を撮影。
西日本海運さんとこの「長豊丸」(195t)が離岸の際、オモテを押していましたが、スラスタの調子でも悪かったのかな。

2016_0605_174018.JPG
続いて「いずみ」が出港、できれば岸壁を離れたところで回頭して欲しかったのですが、そのままアスタンで出てくるパターンでした。

2016_0605_180809.JPG
本日の最後は「おーしゃんさうす」、日曜日なのでいつもより1時間早い18:00の出港です。
本船は引退間近、見るのはこれが最後になりそうです。

撮影後、ホテルへ。
タグ:福岡 県外
posted by もりえだ at 21:11| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年06月04日

新門司港・門司港・巌流島

久しぶりに遠出です。出かけると共に梅雨入りしてしまったのには参りましたが・・・。

2016_0604_045836_01.JPG
今の時期は5時前には明るくなってくれるので助かります。

2016_0604_073910_01.JPG
3時間半ほどで新門司ICまで、そしていつもの撮影ポイントへ。
どちらも初めましてな「フェリーしまんと」と「ひびき」が着けておりました。

2016_0604_080200.JPG
8時前に「つくし」と「フェリーきたきゅうしゅうII」が相次いで入港。
土曜日なので阪九フェリーの2便はゆっくりダイヤでの運航。

2016_0604_081023.JPG
こちらも初めましての「フェリーきたきゅうしゅうII」。
オモテに2階の車輌甲板積降口が新たに設けられて、作業効率アップでしょうか。

2016_0604_090711.JPG
津村島のまわりが整備されて公園になったというのを目にしまして、撮影ポイントがないかと行ってみました。
周囲は埋立地ですが島のまわりは埋め立てられずに島としての形は留められています。以前は石灰岩の採掘が盛んだったようで島がぐるりと囲むこの部分は発破によってあいた穴なんだとか。
一番南側にちょっとしたスペースがあり、そこから岸壁に着けるフェリーたちや入出港する様子を眺められます。

2016_0604_092700.JPG
自動車船が着ける岸壁には東海市のトヨフジ海運さんとこの「とよふじ丸」(12,687t)。

2016_0604_101222.JPG
門司への移動途中どこかで見たことあるようなトラックだと思ったら曽於市の南九州畜産興業さんとこのトラック3台連なっていましたが、配送に来ていたのでしょうか。

2016_0604_104356_01.JPG
いつもの片上海岸へと到着したら白い大きな船がいるではありませんか。
ややや、と確認するとJAMSTECさんとこの「みらい」!!
三菱にドック入りしていたようでちょうど出渠したとこみたい。
もう少し早く着いていたらめかりまで行けたのになぁ・・・。

2016_0604_115744.JPG
その後13時前まで片上海岸にて撮影。
↑は今治市の美山汽船さんちの「第三十住吉丸(497t)」、やはりガット船は良いなぁ。
十と住の間が不自然に空いていますがこれは前名「第三十五住若丸」の名残。

2016_0604_134949.JPG
予報どおり雨が降り出してしまい本降りに。どうしよう?と考えた結果巌流島へ渡ることに。
門司港の船溜りへ行きますと測量船「はやしお(HS26)」の姿が。
片上海岸の桟橋がなくなっていたので気になっていましたが、こちらに移動しておったのね。
なぜあんなとこに1隻だけ?と思っていたので仲間外れじゃなくなってよかったね。

2016_0604_141815.JPG
雨が降るからかお客さんも6人だけの「大海」に乗り巌流島まで。
新「おがさわら丸」、もうすぐ竣工ですね。

2016_0604_141928.JPG
船台には巡視船。これは・・・くにがみ型?
境港方面の巡視船の名前になっていましたが、現在のあの独特なスタイルの巡視船はどうなるのかな。

2016_0604_142148.JPG
偽装中の「りしり(PL11)」と「えさん(PL12)」。
尖閣専従部隊がひと段落したのでこれから各地の巡視船がリプレースされていくのでしょうね。
あっ「フェリーおおさかII」もドックに入ってました。

2016_0604_144601_01.JPG
帰りは「がんりう」でありました。1年経っていないのでまだまだ新しさを感じさせる船内です。
客室の窓がばっちり撥水してたのには驚きました。メンテナンスをしっかりしてるんでしょうね。

2016_0604_164928_02.JPG
雨は本降りのまま止む気配がないので夕方の新門司での撮影は断念。
でもどこか撮影できそうな場所はないかとウロウロしてたら名門大洋フェリーが間近に見える恒見漁港(?)を発見♪
風がちょうど海側から吹いていたので窓を少しだけ開けて撮影しては閉めるの繰り返し。

2016_0604_170708.JPG
風が強かったからかシーゲートコーポレーションさんとこの「玄海」(194t)にアシストしてもらいながら「フェリーきょうとII」が定刻に出港。

2016_0604_171036_01.JPG
そして手前のバースにいた「フェリーきたきゅうしゅうII」も「フェリーきょうとII」が離岸して間もなくシフト開始。2隻一緒に。

2016_0604_173936.JPG
しばらくすると17:30発の「ひびき」も出港。
雨がひどかったのでご覧のような視界でした(>_<)

その後新門司に来た時の定番ホテルとなったAZホテルへ。
こんなとこにも中国の団体さんがとまりに来るようで、レストランの混雑時間の案内が貼ってありました。
なんとも。
タグ:福岡 県外
posted by もりえだ at 21:55| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年05月31日

桜島

日差しが強く夏を思わせるような1日でした。

2016_0531_122911.JPG
桜島フェリーに車ごと乗るのは何年ぶりだろう。
「第十六櫻島丸」でした。

2016_0531_135732.JPG
道路を覆うように枝を伸ばす樹が数箇所に。何十年ここの風景を眺めているのでしょう。
これからの季節は木陰が心地よい休憩場所になりますね。

2016_0531_143319.JPG
黒神の方へやって来ると昭和火口が見えてきます。
おとなしそうに見えてもいつ噴火するかわからないのが火山の恐ろしさの一つですね。
これから先どうなるのだろう。
posted by もりえだ at 23:46| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年05月30日

南港・谷山港

朝晩は涼しいですが、日中は暑くなる鹿児島です。そのうち朝晩も涼しくなくなるのね・・・。

2016_0530_113158_04.JPG
久しぶりに南港へ。
日本ガスラインさんとこの「第二芳泉丸」(999t)がおりました。
もちろん初めまして、です。

2016_0530_113552.JPG
北九州市の霧島物流さんとこの「富士丸」(2,983t)は鹿児島では初めてかな。
2010年に北九州へ行った時に撮影してましたが、確かブレてたんじゃなかったっけ(笑)

2016_0530_115207_01.JPG
谷山での1隻目は「くせい」?
はが見えません(笑)
小松島市の旗山マリンさんとこの「はくせい」(498t)。よくここに仮バースとってます。

2016_0530_115519_02.JPG
オフショアエンジニアリングさんとこの「新日丸」(697t)はトモ着けから横着けにしようとしているところ。
戦艦「大和」の調査・撮影から昨日戻ってきたようです。

2016_0530_120117.JPG
芙蓉海運さん(共有)とこの「第八芙蓉丸」(499t)は久しぶり。

2016_0530_120128.JPG
上天草市の平野海運さんちの「新吉祥」(202t)も久しぶり。
見かけるときは毎回のようにみていたのに。

2016_0530_120400_01.JPG
パシフィックグレーンセンターのドルフィンにはパナマ船籍の「BRIGHT RAINBOW」(17,027t)。

2016_0530_120815.JPG
「みさき」と「きょらむん」とバンカーの「第十八日吉丸」と上天草市の清幸汽船さんちの「大晋丸」(275t)。後で撮影しなきゃと思っていたらこのすぐ後に「大晋丸」は出港してしまったのでした(>_<)

2016_0530_121108_01.JPG
佐伯市の佐伯汽船さん(共有)とこの「鶴洋丸」(749t)、撮影しにくい場所に着けてくれてるなぁ。
入船でお願いします!(笑)

2016_0530_121624_01.JPG
鹿ドックさんとこには石垣海上保安部の「なぐら(PL82)」がやって来ております。
昨日の夕方鹿児島に着いて沖アンカー、今朝ドックへと移動していました。
後ろの櫓は先日枕崎で見かけた「第五十五岬洋丸」のもの。

2016_0530_122733_01.JPG
おっと、神戸市の紀洋海運さんとこの「かいよう」(202t)も忘れてはいけません。
前も見かけたけど、撮影してたっけ?
タグ:南港 谷山港
posted by もりえだ at 23:13| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年05月26日

枕崎港・山川港

蒸し暑い1日で梅雨入り間近なのだなと実感しました。

2016_0526_140328_03.JPG
海まき船とカツオ船がいたのでちょいと枕崎まで。
三浦市の住吉漁業さんとこの「第五十五岬洋丸」(499t)は台湾の中信造船股份有限公司という造船所生まれ。
海外生まれのカーゴは何隻か見たことありますが、漁船は珍しいのでは。
これから先増えていくのかもしれませんね。

2016_0526_134552.JPG
漁協のタンクに長崎市の山下海運さんちの「大和丸」(199t)が油を運んできていました。
先月撮影した「海龍丸」との双子ちゃん。鹿児島にも顔は出していたのになかなか撮影できなかった2隻、どちらも枕崎で撮影できちゃった(笑)

2016_0526_134611.JPG
「AMAGI」(2,782t)という運搬船も着けてまして、カチンコチンに凍ったカツオを次々と水揚げしてました。

2016_0526_134651.JPG
三浦市の南洋水産さんとこの「第十五岬洋丸」(349t)と、地元枕崎の旭漁業さんちの「第十一旭丸」(499t)。「第十一旭丸」は何度か見ていますが、もう1隻の「第八旭丸」とはなかなか会えません。

2016_0526_134744_01.JPG
延岡市の桑原水産さんとこの「第二十一金比羅丸」(80t)と「第十八金比羅丸」の姿もありました。
そう言えば、串木野もしばらく行っていないなぁ。

2016_0526_135250.JPG
開聞岳が珍しい見え方をしてました。

2016_0526_140832_02.JPG
運搬船「AMAGI」、マジュロー船籍です。

2016_0526_141937.JPG
枕崎市漁業の「第三協洋丸」(499t)が内港とでも言えばいいのかな、一番奥の岸壁に着けてました。小型の漁船などはしょっちゅういますが、ここにこのサイズの船がいるのを見るのは初めて。

2016_0526_160911_01.JPG
226で山川まで。出港していく「フェリーなんきゅう」と鹿児島へ向かう「プリンセスわかさ」。
南九船舶では指宿〜根占航路を来年4月頃に開設予定で、19トン、定員66名の旅客船「なんきゅう10号」を建造中です。

2016_0526_161305_02.JPG
視界が良かったんでしょうね、うっすらと屋久島が見えていました。

2016_0526_161614.JPG
あっP−3Cだ。東シナ海方面へ?

2016_0526_162437_01.JPG
山川での目的は本船、境港市の東海漁業さんとこの「第八十八光洋丸」(760t)。
昨年3月竣工のまだ新しい海まき船です。

2016_0526_164051_01.JPG
もう1隻、前回来たときは見事に存在を忘れていた指宿海上保安署の「うけゆり(CL152)」、古仁屋でも見られなかった本船、やっと会えました。

2016_0526_164258_01.JPG
山川造船鉄工さんとこのFDに揚がっていたのは瀬戸内町の「いそなみ」。鹿ドックさんばかりと思っていましたら。

2016_0526_164637.JPG
そして、「ロケット2」の姿も。タービンやらデフレクターやら取り外してますね。
鹿ドックではこんな近くでは見られませんが、ここでは結構近くで見られます。
タグ:山川 枕崎
posted by もりえだ at 23:53| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年05月25日

北埠頭・南埠頭

朝方まではそんなになかったのに時間が経つにつれて蒸し暑くなり、曇り時々雨な天候もあり梅雨入り間近を感じさせる1日でした。

2016_0525_074258.JPG
「桜島丸」入港!ちょっとごつい感じがありますね。柔道とかレスリングとかやってそう。
あっ・・・航海灯が逆です・・・。

2016_0525_074907.JPG
入れ替わりで「第十八櫻島丸」が出港。
梅雨時を思わせるような空模様。桜島も山頂付近は雲で隠れておりました。

2016_0525_075134.JPG
北埠頭に着けていたのは千葉県立館山総合高校の実習船「千潮丸」(499t)。
何年か前にも撮影しているので何度か来鹿しているものと。

2016_0525_080112.JPG
南埠頭には大島商船高専の練習船「大島丸」(228t)が着けておりました。
関門海峡で見かけたことがありますが、鹿児島で見るのは初めて。
小さくてかわいい船ですが、きっとたくさんの船員さんたちを大海原に送り出しているのでしょうね。

2016_0525_080616_01.JPG
「フェリーあまみ」の入港です。手前に見えるのはイルカさんの背びれ。
防波堤の内側にもイルカがいるのが鹿児島なんです(笑)

2016_0525_081034_01.JPG
カメラバッグを持っていこうかと迷って、結局持たずに来たのに大後悔。
桜島にかかる雲の雰囲気がなんともいえません。
↑もですが望遠レンズで撮影していれば・・・。

2016_0525_081720.JPG
「大島丸」から学生さんたちが降りてきました。結構乗っているものですね。
桜島をバックに記念撮影をしようとしてましたが、残念なことにこの時はほぼ雲に覆われて姿を隠していたのでした。
明日09:00出港予定です。またおいでね。
posted by もりえだ at 23:55| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年05月21日

岐志漁港

5月中旬とはいえ日差しが強いと暑くなりますね。参ってしまいます。

2016_0521_073624.JPG
昨日から福岡へと来ていまして、朝もハヨから岐志漁港へやって来ました。
山に囲まれて砂浜があって波は穏やか、優しい港です。

2016_0521_071202_01.JPG
どちらが早いかなー。
地元の漁船と糸島市の「ひめしま」、朝からデッドヒートを繰り広げていました。
・・・うそです。たまたま並んだだけです。すみません。

2016_0521_071248_02.JPG
糸島市営渡船の岐志〜姫島を結ぶ「ひめしま」、唐津市の江藤造船所で新造船が建造されて今年の3月にリプレースされておりました。
最近の高速旅客船です、と言うようなスタイルですね。

2016_0521_071659.JPG
姫島発07:00、所要時間約16分、岐志発07:50。
どうしても空き時間ができてしまいます。
岐志は牡蠣でも有名なところらしく、港周辺には時期になったら牡蠣を焼いて食べる牡蠣小屋がたくさんありまして、食べに来たいなぁという思いと共に撮影。ビールがすすみそうだ。

2016_0521_072051.JPG
空を眺めていたらヒコーキが。
タイ航空のTG468便、エアバスA330、バンコク発福岡行きでありました。

2016_0521_073806.JPG
穏やかな海面に山の緑が映る岐志漁港。まるで御所浦みたい。
福岡と言う大都会の間近にこのような穏やかな港があるのです。

2016_0521_075136_03.JPG
汽笛を1回鳴らして出港。まっすぐこちらを向いて走ってきました。

2016_0521_075251_01.JPG
堤防をかわったら徐々に増速して姫島まで。
土曜日と言うことで釣り人らしきお客さんが後部デッキには多数おりました。釣れるといいですねー。

・・・このような高速で走るタイプの船にバルバスバウは必要なのか?とふと思ったり思わなかったり。
タグ:福岡 県外
posted by もりえだ at 23:22| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年05月19日

マリンポート

夜ご飯を食べてからちょいと散歩がてらマリンポートまで。

2016_0519_210306.JPG
「COSAT SERENA」が寄港していたのであります。
夜の姿を見るのは初めて。昼間とはまた違った表情を見せますね。

2016_0519_210620_01.JPG
出港を前に↑ではついていたブルーの照明が消されました。

2016_0519_211213.JPG
窓から手を振っている人がいたので振り返しておりました。
何か手に持っていたもの、撮影しているときはスマホかなと思っていたんですが、撮影したものを見てみたらなんとお札でした。何を考えて手にしていたのやら(笑)

2016_0519_211938_01.JPG
1台バスがこなーい、とみんな待っていた中やっと到着です。
関係者、お客さん慌しく動いておりました。
あっ、今日の乗客は3,600名、バスは90台来たそうです。
2016_0519_214209.JPG
22:00出港予定でしたが少し早い21:40頃ラインレッコ。
ゆっくりと動き出します。

2016_0519_214601.JPG
岸壁を離れる船に向かってペンライトを振ってお別れ。
さようならー、ありがとーう、こちらからもあちらからも聞こえてきます。
船ならではの別れの風景ですね。

2016_0519_214916_01.JPG
22時前というのにギャラリーやらお見送りの人が結構いたのにびっくり。

2016_0519_215006.JPG
夕方から雨が降るようなことを言っていましたが、薄い雲が広がっていただけでもってくれていました。

2016_0519_215323.JPG
次の寄港地は上海。1昼夜で行ける距離ですが時間調整をしながらのんびり行くようです。
お気をつけてー。
「COSTA SERENA」次回は27日に入港予定です。
posted by もりえだ at 23:57| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年05月17日

谷山港・マリンポート

日差しは強かったですが、カラッとした空気で心地の良い暑さだった鹿児島です。

2016_0517_110317_01.JPG
先日は沖アンカーしていた「暁光丸」が荷降ろし中でした。

2016_0517_110925_01.JPG
佐伯市の勇進海運さんちの「江進丸」(499t)初めましてな船です。

2016_0517_110939_01.JPG
鹿児島商運組さんとこの「第一商運丸」(499t)の姿もありました。

2016_0517_112747_01.JPG
石油桟橋には那覇市の東亜運輸さんとこの「第八十八天竜丸」(1,987t)がおりました。
東亜運輸さんと言えば沖縄・宮古・石垣というイメージがありますが、日本各地に赴く船もいるのですねー。

2016_0517_113645_03.JPG
姫路市の村岡商事さんちの「第二十一朝香丸」(498t)、こちらも初めまして、です。
・・・どうでもいいことですが浅香光代とサッチーの醜い諍いごとがあったなぁ、とふと思い出しました。

2016_0517_114215_01.JPG
広島市の双葉商会さんちの「ニュー双葉」(497t)が珍しく2区に着けておりました。
積荷が違っていたとか。

2016_0517_115513_01.JPG
出勤していく「錦興丸」とパトロール?から戻ってきた「ありあけ」。

2016_0517_123226.JPG
今日は「LEGEND OF THE SEAS」の寄港日でした。
パイロットさんを移乗させた後しばらく併走していた「錦興丸」とともに。

2016_0517_124538.JPG
以前は毎週のように来ていたイメージがある本船ですが、今回は昨年8月以来の入港です。
ただ回数はやはり多いようで寄港船の中で一番多い35回目となりました。

2016_0517_124728.JPG
平日でも熱心なお出迎えファンの方々が集まり、旗を振って歓迎です。

2016_0517_125651_01.JPG
岸壁の前でくるっと回頭中、そこを狙って正面から。

2016_0517_130353.JPG
本船のこの船首部分の造りはいかにも船って感じがして良いですね。
最近は効率を求め過ぎて船としての美しさがなくなったスタイルが多くなり残念なものです。

2016_0517_131348_01.JPG
パイロットさんをどこから乗せようかとあーでもないこーでもないと検討する「錦興丸」。
ケガでもさせたら大変なことですもんね。慎重にならざるを得ません。

2016_0517_132019_01.JPG
パイロットさんが戻ってきました。岸壁と船体との高さが合えば問題ないのでしょうが、今日のように合わないときはあちこち迷うみたいです(笑)

2016_0517_132043_01.JPG
・・・そう言えば、毎回「錦興丸」ですね。
おかげでいろいろな表情が撮影できております。

2016_0517_133709_01.JPG
大型バスはこの時期遠足やら修学旅行で不足気味なんだそうで、今日は都城から応援が数台来ておりました。

2016_0517_134846.JPG
今日の乗客は約2,000名、それに対してバスは50台近くいたような。
今回はいわさきがメインだったようで、↑でずらっと並ぶバス全ていわさきです。

2016_0517_153445_01.JPG
ちょいと用事がありバスが出て行く途中でマリンポートを離れたのですが、街中でも10台近く関連するバスを見かけました。鹿児島観光を楽しんでもらえたのかなー。
posted by もりえだ at 23:33| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年05月15日

マリンポート

雲が広がりちょっとむしむしした1日の鹿児島でした。
明日は雨の予報、前線通過時はまたびゃんびゃん降りになるのかな。

2016_0515_124843.JPG
日曜日と言うことで沖アンカーしている船多数。
今治市の如月汽船さんちの「如月丸」(3,507t)。
何度か来鹿していますが、未だ撮影できず。

2016_0515_124856.JPG
尾道市の東福汽船さんち(共有)の「暁光丸」(5,882t)、船籍は尾道かと思いきや大船渡。
・・・初めての船籍かもです。

2016_0515_125047.JPG
石油桟橋には英雄海運さんとこの「茂丸」(4,332t)の姿。
長らく実見していませんでしたが、元気そうで何よりです。

2016_0515_125906_01.JPG
はい、今日の目的「COSTA SERENA」であります!
タグは今回も「錦興丸」、パイロットさんが移乗中です。

2016_0515_131123_02.JPG
ほぼ真正面から。全面ガラス張りのブリッジはやはりかっちょいいです。
日本の船社はなかなか採用しませんねぇ。貨物船なんかでも格好良くなりそうだけどなぁ。

2016_0515_131430_03.JPG
2007年竣工の本船は2012年にイタリアのジリオ島付近で座礁・横転した「COSAT CONCORDIA」と同型の2番船。このクラスの船が横転するなんて想像もできませんが、実際に起こった事故なんですよねぇ。
うーん、安全第一でお願いします。

2016_0515_131918.JPG
日曜日と言うことでマリンポートは家族連れやらカップルやらで大賑わい。
たくさんの人がお出迎えをしておりました。

2016_0515_132242.JPG
岸壁に寄せる風がちょっと強めに吹いていたので、船体がどんどん岸壁に寄っていっていましたが、スラスタを巧みに操りスピードをコントロールしておりました。操船性、良いんだろうなぁ。

2016_0515_135609.JPG
今日の乗客は約3,500名、県内各地から終結したバスはなんと82台!
岸壁はまさにバスの博覧会という様相を呈しておりました(笑)

2016_0515_155233_01.JPG
税関さんも大忙しだったことでしょう。
バスがいなくなりすっきりした岸壁を帰路に着く税関ワゴン。

2016_0515_160004.JPG
あら、いつの間にか大きなイタリア国旗が船尾にたなびいておりました。

先ほど、22時前に本船は出港したようで汽笛が3回聞こえてきました。
お気をつけてー。
今月の19日を含め年内に後3回寄港予定です。
posted by もりえだ at 22:47| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年05月12日

マリンポート

天気が良くあっつい1日となりました。が、まだまだこれから暑くなるんですねぇ。

2016_0512_102529_01.JPG
「きんこう」が南下していきましたー。作業員さんは横に座って暇そう。移動中はすることないですもんね。

2016_0512_105046_01.JPG
喜入の「さくらかぜ」が走ってきました。初寄港の船なので偵察もかねてのパトロールでしょうか。
後ろを行くのは「第十南星丸」。

2016_0512_110208.JPG
今日は「MSC LIRICA」のマリンポート初寄港でしたー。
MSCの船が日本へ寄港するのは初めて、と1週間位前に博多入港のニュースをやってましたが、早速鹿児島へも来てくれるとはありがたやです。年内にあと数回寄港の予定があります。

2016_0512_110720.JPG
2003年建造ということもあってかバルコニー付きの客室が少ないですね。
テンダーボートや救命艇がきれいに船体内に格納されているのがかっちょいい。

2016_0512_111200.JPG
入港時にちょうど小学校の遠足で来ていた子どもたち。乗客が中国人だということを誰かからか聞いたのでしょう、みんなして「ニィハオ」の大合唱。船からも大きな声で挨拶が返ってきておりました。
どちらにとっても良いタイミングだったような気がします。

2016_0512_113755.JPG
今日のエスコートは「錦興丸」。
仕事を終えたパイロットさんを下船地まで送り届けるのも大事な仕事。

2016_0512_115946.JPG
本日の乗客は約2,000名、ツアーのバスも必然的に数が多くなります。
今日は約50台が県内各地から集結しました。

2016_0512_142938.JPG
天気が良かったので桜島もくっきり気持ちよく見えておりました。
夕方から撮影すればまた良い雰囲気で撮れたんだろうけどなぁ。
posted by もりえだ at 22:37| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年05月10日

桜島フェリー

ちょいとした用事で桜島まで。
天気が良ければ久しぶりに撮影もできたのになぁ。

2016_0510_131203.JPG
去年から壊れっぱなしのような・・・。
一番目に付くところなんだから直すなら直す、撤去するなら撤去したほうが良いと思うんですが。みっともないよ。
観光鹿児島を謳っているくせにこういうちょっとしたとこに気が回らないのも鹿児島市らしさと言えるのかな。県と共に鹿児島の行政は残念なところがあります。

2016_0510_131454.JPG
入港してきたのは「第十六櫻島丸」。昨年4月のダイヤ改正では滅茶苦茶なダイヤにして批判を浴びておりましたが、12月の改正でやっとまともなダイヤになった印象。利用者目線というのが一番大事。

2016_0510_132518.JPG
本船の出港と入れ替わるように入ってきたのは「第十五櫻島丸」。遊び心がある楽しいデザインでお気に入りです。水族館とともに。

2016_0510_150501.JPG
帰りは「第十五櫻島丸」でありました。
この真ん中の可動橋、ワイヤ式なのが珍しく毎回のように撮影してるような気がします(笑)

2016_0510_150746.JPG
動いていて欲しかった「第二桜島丸」は午後からはお休み。
ドックでメインマストから2階の車輌甲板までのイルミネーションを下げるためのワイヤとポールが設置されております。

2016_0510_151001.JPG
入れ替わりで入ってきたのは「桜島丸」。一番端っこのバースに行くかと思ったらお隣のバースへ。

2016_0510_152633.JPG
小川埠頭の「岩崎丸」がポツンと何だか寂しそう。

2016_0510_152727.JPG
「第十六櫻島丸」が出港、本船はエンジン回すと結構な勢いで黒煙が出てくることがあります。
以前北埠頭から眺めていたときに、ひょいと出てきた漁船を避けるために後進した時はものすごい真っ黒な煙を吐き出してのでちょいとビビりました(笑)

強い雨がずっと続いた1日でした。
posted by もりえだ at 21:35| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年05月09日

マリンポート

今日は「ダイヤモンド プリンセス」の寄港日でした。
天気が心配でしたが撮影していたらいつの間にか雨も上がっておりました。

2016_0509_125009.JPG
沖合いでパイロットさんを移乗させた「錦興丸」に見守られながらゆっくりと近づいてきます。
視界が悪かったのが残念ですが本降りじゃなかっただけ良しとしなきゃいけませんね。

2016_0509_125315.JPG
入港する姿を見るのは多分初めて・・・かな。撮影は何度かしてるんだけど。
大きな船が徐々に近づいてくる様子、やはり良いですねー。
船でしか味わえない醍醐味ですかね。

2016_0509_130501.JPG
入船で着けるのかと思ったら岸壁の前で回頭し始めました。
タグも使わずに回れるんですからすごいもんだ。

2016_0509_130723.JPG
入りきっていませんが、正面からどーん!
そう言えば、この塗装ももうしばらくの間で今後は船首で翻っている旗に描かれている女性の横顔のマークを船首部分に大きく描くんだそうです。

2016_0509_131729.JPG
ガラス張りなのでウイング部分も丸見え〜。
職員氏がポケットに手突っ込んでるところがいかにも外国船らしいですね。
日本だったら叱られちゃう。

2016_0509_132501.JPG
「錦興丸」はこんなとこに横付けしてパイロットさん待ちでーす。
興味深そうに眺めているおっちゃんが2、3人。

2016_0509_132914.JPG
タラップがこんなとこから出てきました。もっと良い方法なかったのかな。

2016_0509_133100.JPG
ラットガードを取り付けるのも大事な仕事。
趣向を凝らしたデザインのものもありますが、本船のはシンプルにブルー一色。

2016_0509_135330.JPG
いつの間にか船籍がロンドンになってら。
レッドエンサインが誇らしげにはためいておりました。
posted by もりえだ at 21:50| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年05月06日

谷山港・マリンポート

日中は雨の予報だったのにお昼過ぎには止んでしまいました。
これだったら「COSTA FORTUNA」の入港も撮影できたのになぁ・・・。

2016_0506_141608_01.JPG
とりあえず谷山からスタートです。
税関の「なんせい」がドック入りの間は八代の「ありあけ」が鹿児島へやって来るようです。

2016_0506_141629_02.JPG
今治市の伯有汽船さんちの「高鶴丸」(498t)、たまにここに仮バースとって休んでます。

2016_0506_141646_01.JPG
宇和島市の勝宝水産さんちの「第八勝宝丸」(295t)も同じく。
パチンコ屋さんもあるし、元ダイエーのイオンは近いし休むには良い場所ですもんね。

2016_0506_141704.JPG
上天草市の勝丸運輸さんちの「第八勝丸」(376t)もお休み。久しぶりに見かけましたー。

2016_0506_141931.JPG
あっちの岸壁にもずらりと。
手前から東京の東都海運さんとこの「第五健星丸」(498t)、明石市の宗田造船さんちの「俊栄」(293t)、北九州市のジェネックさんとこ(共有)の「海青丸」(735t)、ベリーズ船籍な「XIN HAI 788」(2,992t)、パナマ船籍な「ATLANTIC TREASURE」(21,211t)、パナマ船籍な「GLOBAL VEGA」(32,370t)であります。

2016_0506_144154.JPG
東ふ頭には長崎市のエムエスケイさんとこの「第五松丸」(3,707t)が着けておりました。
最近、沖アンカーやらしててあんまり動いていないような気がするんですが、たまたま見るタイミングが悪いのかな。

2016_0506_145033.JPG
喜入海上保安署の「さくらかぜ(CL158)」はパトロール中?
本船は動いている姿を何度も見ていますが鹿児島の「しろかぜ」はなかなか見られないです。新しい「さつかぜ」とともに早く見たいなぁ。

2016_0506_141704.JPG
松村海運さんちの「第一エーコープ」(499t)は新しい「第一エーコープ」の就航により「第二エーコープ」となりました。一の上にちょこんと描かれた−が何ともいえない雰囲気です。

2016_0506_151110_02.JPG
先月25日に初寄港した「COSTA FORTUNA」ですが早速また寄港してくれました。
予定では年内に後4回寄港予定です。

2016_0506_152934.JPG
船尾の造りも船によって様々で面白いものです。角っこの部屋は結構広そうですがやはりお高いのでしょうかね。イタリアの商船旗がはためいておりました。

2016_0506_153301_01.JPG
入国審査も終わりぞろぞろと下船して次々とバスに乗り込み始めたところでした。
いろんなツアーがあるんだろうけど、やはり一番の楽しみは買い物なんですかね。

2016_0506_154108_02.JPG
多数集まっていたバスの中で1台だけ見たことがないバスがいたので運転手さんに聞いてみたところ韓国の大宇のバスなんですって。鹿児島には1台しかいないよー、とのこと。見たことなかったもんなぁ。

2016_0506_154312.JPG
ヘッドラインが・・・。何をどうしたらこうなった?的な。

2016_0506_154707_03.JPG
バスも続々と出発して行きます。何社かのバスが集まっていた中、おやっ、と目に留まったのが姶良市のミソラリンクさんとこのバス。鳥がデザインされたかわいらしいラッピングです。

2016_0506_155147.JPG
たくさん人が乗っていればそれだけゴミも出るわけで。
廃棄物処理業者のトラックが船尾側で待機しておりました。
posted by もりえだ at 21:53| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年04月19日

枕崎港・山川港

先日行ったばかりですが、再び枕崎へと。

2016_0419_150438_02.JPG
大洋エーアンドエフとミクロネシアの国家漁業公社の合弁会社所属のTAIYO3姉妹が揃っておったのです。

2016_0419_150724_01.JPG
先日はタンカーが横付けしていた「TAIYO PHONPEI」。

2016_0419_151021_01.JPG
同じく「NIPPON FSM」が横付けしていた「TAIYO CHUUK」。

2016_0419_151419_01.JPG
そして鹿ドックさんとこに長い間いた「TAIYO WAAB」。他の海まきと比べると造りがちょっと違ってますね。
本船が枕崎へ回航され3隻勢ぞろいとなりました。

2016_0419_150705.JPG
鳴門市の白川汽船さんちの「第二十一三晃丸」(499t)の姿もありました。
春日鉱山からの鉱石を積みに来たんでしょうかね。

2016_0419_150946.JPG
水揚げの際にカツオを入れる箱からにょきっと白いものが・・・。
何ぞやと思ったらサギが首を出しておったのでした。

2016_0419_160820.JPG
そのまま久しぶりに226号を通って山川まで。
傾きかけた柔らかい日に照らされる開聞岳をこちらから見るのは初めて。

2016_0419_163142.JPG
焼津市の極洋水産さんとこの「第三わかば丸」が目的でしたが、一番撮影しにくい場所に着けてらっしゃる・・・(>_<)

2016_0419_164218.jpg
宮崎の児玉組さんとこの大きなプッシャーバージが2隻いましたが、どこかで大きな工事でもしてるんでしょうか。
タグ:枕崎
posted by もりえだ at 22:20| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年04月15日

枕崎港

お昼からちょこーっと枕崎へ。
何年ぶりかな?(笑)

2016_0415_152603_02.JPG
沖を行くのは熊本地震で熊本方面へ派遣された「あまぎ」。
昨夜谷山を出港して今朝八代海にいましたが、15時過ぎには枕崎沖を鹿児島へ向けて航行しておりました。
ほぼ同時刻に鹿児島を出港していた「さつま」とどこら来たのやら?の「おおすみ」は八代海に留まっていますね。
今回の地震によってお亡くなりになられた方々に哀悼の意を表すと共に、お怪我をされた方、被害にあわれたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

2016_0415_152752_01.JPG
漁協のタンク横の岸壁にいたのは横浜市の協和石油さんとこの「成和丸」(149t)。
前の名前は「第三よしの丸」、どこかで見かけていると思うんだけどなー。

2016_0415_152921.JPG
こっちの岸壁に着けていたのはキリバスのタラワ船籍な「No,1 KAO」。

2016_0415_154028_01.JPG
あっちの岸壁に着けていたのは手前の「TAIYO PHONPEI」、奥左の「NIPPON FSM」、奥右の「TAIYO CHUUK」の3隻。
ともに大洋エーアンドエフとミクロネシアの国家漁業公社の合弁会社に所属しており、「NIPPON FSM」は元「日本丸」、「TAIYO PHONPEI」は元「ふじ丸」です。「NIPPON FSM」以外の2隻はヘリ搭載型です。

2016_0415_154322_02.JPG
「TAIYO PHONPEI」に横付けしていたのは長崎市の海龍丸海運さんちの「海龍丸」(199t)。
鹿児島にもちょくちょくやって来る「大和丸」とともに2隻同時進水を果たした船であります。

タグ:枕崎
posted by もりえだ at 23:08| Comment(0) | 今日のかごしま港

2016年04月10日

マリンポート・谷山港

日中はほぼずーっと雨が降っていた鹿児島です。

2016_0410_120843.JPG
「LE SOLEAL」の寄港日でしたー。
初寄港のときは勘違いをしていて見事に撮影し損ねた苦い思い出がある船です(笑)
こじんまりとしていますが、クルーズをゆったりのんびり過ごすにはこれくらいのサイズが良いのかもですね。船内はアットホームな雰囲気になりそう。

2016_0410_120254_01.JPG
鹿児島らしくソテツを入れて撮影。溶岩も桜島産の本場物。
生憎の天気だったのが残念でした。

2016_0410_121511.JPG
フランスの船会社と言うこともあってか洗練されたデザインですね。カラーリングも落ち着いた色合いで大人チックな雰囲気。

2016_0410_121946.JPG
「フェリー波之上」がシフトのため谷山から走ってきました。
新港の新しくなったバースが19日から供用開始となりますので、この風景も見納めです。

2016_0410_125643_01.JPG
谷山港へ着いたらちょうど「かごしま丸」が出港するところ。
水産学とキャリア内乗船実習の2回目で1年生が対象ですって。
コンパスデッキに集合している学生さんたちはどきどき?

2016_0410_125812_01.JPG
笠岡市の海福さんちの「第二青龍」(267t)。鋼材を運んできたのかな。

2016_0410_130950.JPG
謎のクルーザー、今日は台船に繋がれておりました。

2016_0410_131520.JPG
上天草市の桑原汽船さんちの「第十三エーコープ」(499t)が2区に。飼料を運んできたのではなさそう。

2016_0410_131832.JPG
たまーに船が着けているのでチェックが欠かせないこちらの岸壁。
阿南市の旭汽船さんちの「寿宝丸」(499t)が今日はいました。
スクラップの山が少しは低くなるかな。
posted by もりえだ at 21:50| Comment(0) | 今日のかごしま港